株式会社ヘルスエイド
優れたサプリメントの研究開発・製造・提供を通じ、人々の健康に貢献します
 
ホーム 利用規約 プライバシーポリシー サイトマップ お問合せ
 
  ホーム健康講座>健康中級講座---4・食生活の現状(4-3不足栄養成分)
健康初級講座
健康中級講座
1・健康
2・栄養
3・生活習慣と免疫力
4・食生活の現状
4-1食文化
4-2過剰栄養成分
4-3不足栄養成分
5・食生活への提案

健康中級講座---4・食生活の現状

4−3 不足栄養成分
■摂取不足栄養成分
次の表9は摂取不足栄養成分の量です。現状の食生活では、カルシウム、カリウム、食物繊維が不足しています。食物繊維とカリウムは、野菜、果物、藻類などの植物性食品に多く、また同時に一体となって含まれています。 なお、目安量とは、生活習慣病の予防のために望ましい摂取量です。

表9 成人(男女平均)一人一日当たりの摂取不足栄養成分
栄養成分(単位)
目標量〜目安量
実摂取量
摂取不足量
対目標量〜対目安量
食物繊維(g)
18〜21.5
14.5
3.5〜7
カルシウム(mg)
600〜706

515

85〜181
カリウム(mg)
1800〜3500

2391

不足なし〜209
最新の「日本人のための食事摂取規準」、「国民栄養調査」より作成

■四大ミネラルの反作用

ナトリウムとカリウム、また、リンとカルシウムは互いに反対の機能〈反作用〉があリます。また、ナトリウムとカルシウム、また、リンとカリウムの間にも反作用があります。カリウムはナトリウムの排泄を促進する作用がありますので、結果として減塩となります。

塩分の多い「おむすび」に海苔を巻くのは、ナトリウムと反対の機能を持っているカリウムを同時に摂取する昔からの知恵です。また、「レバー炒め」に、ニラを加えるのも、肉料理にたっぷりの野菜を添えるのも同じですね。カリウムと共に、藻類や野菜中に多く含まれている食物繊維を補うことにもなります。食物繊維は腸の中でナトリウムを吸着して体外に出し血圧を下げる機能もあります。




前ページ次ページ

 


Copyright(C)2006 HEALTH AID Group.All Rights Reserved.