株式会社ヘルスエイド
優れたサプリメントの研究開発・製造・提供を通じ、人々の健康に貢献します
 
ホーム 利用規約 プライバシーポリシー サイトマップ お問合せ
 
  ホーム健康講座>健康初級講座(2・栄養とは)
健康初級講座
はじめに
1・健康とは
2・栄養とは
3生活習慣と免疫力
4・食生活の現状
5・食生活への提案
健康中級講座

健康初級講座

2・栄養とは
日ごろ、「栄養を取りなさい」、「お肉は栄養がある」などと言っていませんか。正しくは栄養という言葉の代わりに栄養素(栄養成分)というべきなのですよね。
栄養とは、「外界から物質を摂取し代謝を行い、活動に必要なエネルギーを得、生体物質を更新または成長する過程」をいいます。要するに、食べてから排泄するまでの「過程」を指す言葉なのです。

これに対し、栄養素は、「生体が生命現象を営むために、外界から体内に取り込まなければならない物質」のことで、飲食物の個々の物質(成分)をさす言葉です。
近年、栄養素は「五大栄養素」以外にも大切な機能をもつ物質が明らかにされ、栄養素という言葉だけでは対応できなくなりました。そこで、五大栄養素と新しい機能を持つ物質を含め、「栄養成分」と呼ぶようになりました


栄養成分には、次のようなものがあります。
五大栄養素は、皆様ご存知のとおり、たんぱく質・糖質・脂質・ビタミン・ミネラルです。

第六の栄養成分は、プレバイオティクスです。腸内の環境を健やかに保つ物質で、食物繊維やオリゴ糖が代表選手です。

第七の栄養成分は、活性(悪玉)の酸素の害から体を守るアンチオキシダント(抗酸化物質)です。アンチオキシダントには、フィトケミカル(植物栄養成分)と呼ばれるポリフェノール、カロテノイド、含硫化合物と抗酸化ビタミン(EとC)があります。

その他、一般に栄養成分には含めませんが、ビフィズス菌などの乳酸菌を 「プロバイオティクス」 と呼びます。「プロバイオティクス」は、「プレバイオティクス」と合わせて 、「バイオティクス」 あるいは 「シンバイオティクス」 と呼ばれます。


前ページ次ページ

 


Copyright(C)2006 HEALTH AID Group.All Rights Reserved.