株式会社ヘルスエイド
優れたサプリメントの研究開発・製造・提供を通じ、人々の健康に貢献します。
 
ホーム 利用規約 プライバシーポリシー サイトマップ お問合せ
 
  ホーム>スリーアメニティ ライフ>アメニティ ワード
 
活動報告
VENUS VOL.807
VENUS VOL.810
VENUS VOL.1210
VENUS VOL.1301
VENUS VOL.1307
VENUS VOL.1404
アメニティ ワード

活動報告

第23回 国連特別総会・・・女性2000年会議
VENUS VOL.1210より


世界女性会議と私

ガールスカウトのリーダー時代に、初めて「世界女性会議」のことを耳にし「どんな女性達が集まっての会議なのだろう」と興味を持ってから10数年が経ちました。

3年前に当時の女性会議のグループに加わり、この春、先輩メンバーかラ今回の会議へのお誘いを受けました。

「世界のステキな女性達に出合ってみたい」、「自己を問い、自分自身と仕事の将来のことなどを考えてみるとよいチャンス」と「女性2000年会議」へ参加を決意しました。

多様な国際社会の実感
はたく加盟国の国旗の数々、さまざまな民族衣装、微妙に異なる肌の色・・・会議初日の朝、会場の国連ビルとその近くの広場に歩みを進めながら、「世界の民族の多様さ」を改めて実感しました。

この会議の主な目的は、男女平等社会を築くため、5年前に開かれた「世界女性会議(北京会議)」で採択された「行動網領」のその後を検討し今後の方針を協議することです。

参加者は約180ヵ国の政府代表団2300名、私達のような公認の非政府組織(NGO)1035団体2013名、そして国連内外に集まった他のNGOメンバーや個人は約1万人。

多くのシンポジウムやワークショップで、はじめて直接耳にした、諸外国とりわけ後進国の女性達の生々しい悲惨な現状報告と、多くの切実な訴え・・・あまりにも「ノー天気」で過ごしたきた自分、そして「ノー天気」でも生きてこられたわが国のことを思うと胸が一杯になりました。

心に残った提言
「女性達よ 《自立》しなさい。もっと自分自身に投資をし、自己を高め、経済的に《自立》しなさい。そして公の場ではっきりと意思を言えるように学び、訓練しなさい」

「よいことは、なかなか伝わらないものです。よことでも、なかなか実行できないものです。でも諦めないで、よことに気付いた人が言い続け、実行することです。一人では出来ないことが多いけれど、ネットワークを作り、皆で手をつなぎ活動しなさい。そうすれば、困難なことでもきっと解決できます」

女性をとりまく様々な問題を解決しようと活動を重ねる諸外国の指導者達の提言に、私は何度も感銘を受け、私達H・A・Cの事業に対するエールのようにも感じました。

国境を超えて真理を伝えるこれらの指導者達は、とても姿勢がよく、また、とってもオシャレなことに気付きました。共に女性の《自立》を目指し、男女共参画会社を願う強い意思と、その生き方の表れと思ったことでした。

変化の実感、明日への確信
閉会にあたってコフィー・アナン国連事務総長は「地球の将来が女性の肩にかかっていることを、国際社会は世界に知らしめるべきだ」と、「教育の重要性」を強調されました。

教育というキーワードに、ユネスコの提案した21世紀の「生涯教育の4本柱:知ることを、為すことを、共に生きることを、人間として生きることを学ぶ」を思い起こし、その大切さを胸に刻みました。

「自らを問い、これからを考えるチャンス」にと願ったこの会議への参加は、私の予想を超えた忘れ得ぬ感動の旅となりました。

心の奥で起こった変化の実感、私のこれからの生き方への新しい確信・・・この感動は、世界のステキな女性達と、エネルギッシュでパワフルな世界都市ニューヨークからの贈り物だったのかもしれません。

帰国後、H・A・Cメンバーの皆様から「会議の記事を読みましたよ」と新聞の切り抜きを頂きました。

今、私達のグループでは、互いに「背骨を伸ばし、オシャレに」羽ばたいて行きたいねと話しています。世界の女性達の現状にも関心を持ち、女性の「真の自立」に向かって・・・。

     THANKS WOMEN 2000.
      WE HAD A GOOD TIME.

[H・A・Cステラ協議会会長 富田節代]


 


Copyright(C)2006 HEALTH AID Group.All Rights Reserved.